50代向けのおすすめ化粧品を利用|若返りの秘訣を公開

婦人

しわが気になる時の化粧品

女性

化粧品で対処できる

しわは、乾燥・筋肉の衰え・紫外線などが原因とされます。小じわが固定化されて深いしわになることもあるので、小じわができた時からしわ取り化粧品を使用することが望ましいです。小じわができた時からでも深いしわが気になる方でも、現代の美容技術は進歩しているので大丈夫です。しわは加齢により保水力が低下したり、真皮に存在する繊維芽細胞が衰えることにより発生します。その低下や衰えを補うために、しわ取り化粧品は必要なのです。しわ取り化粧品には、コラーゲンやエラスチンなどを上手く活用できるように考えられたものや保水力の高く安全な成分を配合したりと、年齢の肌変化に応じたケアを考慮して作られた化粧品が多く存在しています。

小じわと深いしわの違い

小じわ(ちりめんじわ)というものは、角質層の保水力が不足して皮溝と皮丘の幅が広がり皮紋不規則になっている状態です。20代でも現れるもので、乾燥する時期は特に注意が必要になります。小じわに対して有効なしわ取り化粧品は、隅々まで潤いを届けて保水力を高めるもの・角質層を柔らかくするものがオススメです。浸透力が優れないと、十分に保湿ができない可能性があります。深いしわ(真皮のしわ)とは、加齢により真皮の繊維芽細胞が衰えてコラーゲン繊維やエラスチン繊維が弾力を失うことによりできます。深いしわに対して有効なしわ取り化粧品は、繊維芽細胞を活性化できるもの・肌のターンオーバーを正常化できるもの・活性酸素を除去できるものがオススメです。筋肉のコリをほぐすことも有効です。